主な取り扱い作家




高橋  勉

1961年 宮城県七ヶ浜町生まれ
1987年 第51回河北美術展文部大臣奨励賞
1998年 第52回二紀展奨励賞(東京都美術館)
2002年 第6回春季二紀展新人選抜奨励賞(東京銀座画廊・美術館)
2007年 第9回雪梁舎フィレンツェ賞展ビアンキ賞(新潟市雪
梁舎美術館)
(財)美術育成財団雪梁舎の支援を受け短期研修(イタ
リア・フィレンツェ)
2012年 第66回二紀展準会員優賞(国立新美術館)
2013年 第2回 われらの地平線
- いま・新たなる二紀展からの発信(日本橋三越)
2014年 第68回二紀展会員推挙
2017年 3人展 (ギャラリー Simultanea Spazi d'Arte
イタリア・フィレンツェ) 
2018年 第6回風の会展[フィレンツェ賞展受賞作家展]
(新潟・雪梁舎美術館、フィレンツェ・Accademia delle
Arti del Disegno)
     第1回二紀会選抜台湾展
2019年 第14回春季二紀展春季展会員賞(東京都美術館)

現在:(一社)二紀会会員、(一社)日本美術家連盟会員





石原 延啓

神奈川県逗子市出身
<education>
http://nobuhiroishihara.com/
1991
School of Visual Arts (New York, U.S.A) B.F.A
スクール・オブ・ビジュアル・アーツ、
ファインアート科卒業(ニューヨーク、アメリカ)
1989
Keio University (Tokyo, Japan) B.B.A
慶応義塾大学経済学部卒業(東京)
<solo-exhibition>
<個展>
2008
I-20 Gallery(New York)
2008年
「Nobuhiro Ishihara」(ニューヨーク、アメリカ、I-20 Gallery)
2004
Fujisaki Art Gallery(Miyagi)
2004年
「石原延啓展」(宮城、藤崎、美術画廊)

2002年
「比良坂」(東京、Nagamine projects)
2002
Nagamine Project(Tokyo)
Fujisaki Art Gallery(Miyagi)
2002年
「石原延啓展」(宮城、藤崎、美術画廊)
2001 
Iwaki City Museum(Fukushima)
2001年
「Keep moving-止まらないために」 (福島、いわき市立美術館)
1999
Mori Art Space(Fukushima)
1999年
「石原延啓展」(福島、森美術館)
1998
Surugadai Gallery(Tokyo)
1998年
「Creature'98」(東京、スルガ台画廊)
1995
Surugadai Gallery(Tokyo)
1995年
「レスポワ-ル展」(東京、スルガ台画廊)
1994
Gallery Saka(Tokyo)
1994年
「イコン」(東京、ギャラリ-サカ)
<group-exhibition>
<主なグループ展>
2007
Luxe Gallery(New York)
2007年
「Places」(ニューヨーク、アメリカ、Luxe Gallery)
2007
Okay Mountain(Austin)
2007年
「Dark Matter」(オースチン、アメリカ、Okay Mountain)
2003
Miyagi Museum of Art. gallery (Sendai)
2003年
「出会いと対話」(仙台宮城県美術館、ギャラリー)
2000
Frere New York Independent Art Fair (New York)
2000年
「Frere New York Independent Art Fair」 (ニュ-ヨ-ク、アメリカ、chelsea inn hotel)
1999
Hyatt Regency Osaka(Osaka)
1999年
「ハイア-ト・スタイル」 (大阪、ハイアット・リ-ジェンシ-・オオサカ)
1997年
「Dialogue of consciousness」 (ニュ-ヨ-ク、アメリカ、Eighth floor Gallery)
1999
Surugadai Gallery(Tokyo)

1996
Eight Floor Gallery(New York)

1995
Nichido Gallery(Tokyo)
1995年
「澁澤龍彦画廊」(東京、日動画廊)
etc
その他



桜井 志保

1992年 Utah(ユタ)州立大学 University of Utah Art 専攻
1994年 Utah(ユタ)州立大学 University of Utah 卒業
1997年 85周年記念日本水彩展(東京都美術館)               
第10回 上野の森美術館・日本の自然を描く展
1998年 第5回 水彩展 OHARA
     講談社フエ-マススク-ルズ「花と夢」イラストコンテスト大賞受賞           
第一回 松島を描く展



長谷川 資朗

1956年 宮城県仙台市生まれ
1981年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2011年 個展(藤崎百貨店)初めて日本の古典文学を主題とした作品を、洋画様式で制作・発表する。
2013年 個展(藤崎百貨店)万葉集・源氏物語を主題とし、伝統文様による新様式で制作・発表する。
2014年 個展(エトワール画廊)(水戸京成百貨店)古典文学主題・伝統文様表現の展開を発表する。
2015年 個展(藤崎百貨店)伝統文様・蒔絵風油彩の表現形式を確立する。
2016年 パリ個展
2019年 ワールドアート・ドバイ

Shiro Hasegawa Chronology

1956: Born in Sendai City, Miyagi Prefecture. In elementary school, the young Hasegawa preferred making models to painting pictures.
1977-’81: While studying in the oil painting department of Musashino Art University, Hasegawa’s interest in classical oil painting style led him to form a group called the “Painting Composition Research Group” with like-minded fellow students. Also, he began working in the copper-plate etching medium in parallel with his oil painting.
1982-’87: After graduating from art university in Tokyo, Hasegawa returned to his hometown of Sendai but continued to show his work in a rental gallery in the Ginza district of Tokyo, and in the area of creative subject matter, he was influenced by contemporary art he saw in local contemporary art galleries in Sendai and through writing for a critical art magazine.
1988 – ’95: Influenced by contemporary art, he changes from oil painting to painting with acrylic paints and an air brush. This became a period when Hasegawa’s style changed most dramatically.
1996 – 2002: He returns to painting with oils in a style of representational realism. He chooses to show his work mostly in local exhibitions in Sendai. He forms a new relationship with the Shikishima Gallery in Sendai. Shikishima Gallery specializes in traditional Japanese crafts and the gallery’s owner has a profound knowledge of classical literature.
2003 – ’09: This is a period in which Hasegawa holds solo exhibitions on a regular basis, including regular solo exhibitions at a department store gallery in Sendai and in Tokyo and other localities. Stylistically it is a period of a variety of styles, centering mainly in Western-style representational realism.
2010 – ’12: Departing from his style of representational realism, this is a period when Hasegawa searches for his own individual style of painting. To separate himself from purely representational style he introduced clear literary subjects into his paintings. He creates paintings based on a re-discovery of Japanese traditional culture.
2011: First solo exhibition of paintings taking subjects from literature. He uses oil paints to create paintings based on subjects from The Tale of Genji and Tale of the Heikei. Stylistically, his paintings are still classifiable as Western style representational realism, but to this he adds elements of traditional Japanese pictorial expression.
2013: In this year’s solo exhibition, Hasegawa departs from Western style representational realism in favor of a more abstract style introducing traditional Japanese patterns. This is a result of learning from studies of Japanese art history that the categorization of art occurred in the Meiji Period as a result of Western influence and his resulting search for subjects not from painting but from Japanese traditional crafts and other areas. His sources of subject matter change to The Tale of Genji and the Manyoshu poetry collection.
2015: This year’s solo exhibition, influenced by Japanese traditional crafts, Hasegawa take oil paints as a material for craft creation, using the shells used in mother-of-pearl work and gold paint to create his own new working style.





小林 哲郎 (1958年2月14日生)
 
  1981   武蔵野美術大学油絵学科卒
  1982 第50回独立美術展(以降5回出品)
  1985   第3回上野の森美術館大賞展(以降10回出品)
  1991  第3回国際美術大賞展
  1996  第6回ART BOX大賞展(以降4回出品。 97ギャラリー賞)
  1998  ART BOXギャラリー(銀座)にて個展(上記ギャラリー賞の副賞)
     ガレリア青猫にて個展(西荻窪 画廊オープン企画展)
  2000   第35回昭和会展
  2003  第5回フィレンツェ賞展(以降3回出品。03佳作賞。08ビアンキ賞)
  2006  第2回世界堂絵画大賞展
  2007  青藍会展(仙台、藤崎デパート 09)
  2009  (財)美術育成財団雪梁舎の支援にてイタリア研修(上記ビアンキ賞の
副賞)
2011  墨絵展(以降8回出品)
      第4回風の会展・フィレンツェ賞展受賞作家展(以降3回出品)
  2012  JAALA国際交流展(以降4回出品)
  2018  蒼天の会展 小田急藤沢店
       風の会展 in Firenze アカデミア・デッレ・アルティ・デル・ディゼ
ーニョ(フィレンツェ/イタリア)
2020 第3回 宝龍芸術大賞展(上海、宝龍芸術センター。3等賞受賞)

他個展、グループ展多数  無所属